狡猾な村上世彰全面否認で無罪もぎとる?

2006年11月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 ニッポン放送株のインサイダー取引事件で、起訴事実を認めてわずか22日で保釈になった村上ファンドの村上世彰前代表が、裁判では一転してほぼ全面否認することになった。村上被告と「司法取引」までして自白調書を作成した東京地検特捜部だったが、その取引がネックとなって、裁判で調書の信用性が否定される可能性も出てきた。 自白調書にサインすることと引き替えに、村上前代表は特捜部に3人の重要幹部の逮捕をやめさせ、ファンドの崩壊を免れた。口八丁の詐欺師のような情報操作で相場を作るといっても、インサイダー取引の成立は難しい面がある。このため特捜部は狡猾な村上前代表の誘いに乗ってしまったのだ。 取引交渉で活躍したとされるのは、元東京高検検事長の則定衛弁護士。女性スキャンダルで検事総長のイスを目前にして失脚した大物OBだ。 村上前代表は則定氏の交渉能力を評価したう ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。