沖縄知事選の急所は「国場組」救済

“外資系”に狙われた地元最大のゼネコン。沖縄電力が「白馬の騎士」となる条件は選挙応援か。

2006年11月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

 圧倒的な知名度を誇り、“目立つ”知事の代名詞だった長野県知事、田中康夫がついに敗れた8月6日。勝ったのは大臣経験者とは言うものの、69歳になる村井仁・元衆院議員であった。長野県民が積極的に村井を選んだというより、むしろ田中への不信任投票でもあったと言えよう。 深い皺が刻まれた顔をくしゃくしゃにして喜ぶ老政治家を、テレビ画面でじっと見つめる経営者がいた――沖縄電力会長、仲井真弘多(なかいまひろかず)である。村井仁の勝利で彼はひとつの重大な決断に踏み切った。 3期目の不出馬を宣した稲嶺恵一知事の後継を選ぶ11月19日の沖縄知事選に、仲井真はこの後でついに出馬を決意するのである。 彼が迷っていたのは、8月19日で67歳になる自らの高齢ばかりではない。田中が長野県民に見放される約5カ月前の3月21日、沖縄経済界はあるニュースに揺れた。企業再生を手がける東証1部上場 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。