陸の「王者」が空に挑戦佐川急便の新規事業の成算は

2006年11月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 陸運大手の佐川急便が、航空機を保有し、「陸―空―陸」のドア・ツー・ドアの国際配送サービス「インテグレーター」事業に挑戦する。参入のメドは羽田空港が国際空港に戻る09年。貨物需要の伸びが大きい、日本―中国便が狙い目だ。佐川はノウハウ習得のために10月31日、貨物航空子会社のギャラクシーエアラインズを通じて国内線に進出する。当面は1号機を使って深夜から早朝に羽田―北九州、羽田―那覇空港間を各週6往復する。来春の2号機就航後は羽田―新千歳、北九州―那覇間も結ぶ計画だ。 佐川は陸の「王者」だが、空の世界では全くの素人。このため、航空貨物に強い日本航空に10%出資してもらい、運航技術や整備を委託するほか、11月10日ごろから集荷面でもギャラクシー便の貨物スペースのうち一定割合を日航に買い取ってもらうコードシェア(共同運航)も始める。 しかし、世界の4大大手であるドイ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。