NTT東「ひかり電話」の陥穽

ネットが不慣れなデンワ屋。「蟻の一穴」でたちまち渋滞。なぜかくも脆いのか。

2006年11月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「デンワ屋さんとしちゃ、前代未聞の赤っ恥。NTT東日本の連中は、深刻さが分かっているのか……」 世界最高水準の電気通信技術を堅持してきた誇り高きNTTのサービスインテグレーション基盤研究所(SI研、旧武蔵野通研)の技術陣が、天を仰いだ。 3連休明けの9月19日から21日の3日間、NTT東のIP(インターネット・プロトコル)電話「ひかり電話」が渋滞現象(輻輳(ふくそう))を起こし、事実上不通になった。グループ内から嘆きの声が聞こえるのは、回復までに19日は11時間、20日は12時間半かかり、21日は通話の事前制御を8時間近く行うなど、日中ほとんど使えなかったからだ。「つながらない」という利用者の苦情は3日間で4万5千件に達した。 25日、NTT東の高部豊彦社長は会見して陳謝。「100年前からの(技術蓄積のある)PBX(電話交換機)に比べて、IP網は始まってまだ2、3年の技術。ノウハウ不足 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。