安倍晋三の「B級タニマチ」

貴公子に似合わぬ、欲の皮の突っ張った連中ばかり。さもしい下部構造は上部構造を規定する。

2006年11月号 DEEP [新首相解剖]

  • はてなブックマークに追加

 孟子はレトリックの達人である。諸国を遍歴し、残した箴言は忘れ難い。斉の宣王にも謁見した。 孟子「王には親しい臣がおられませんな。昨日登用した者も、今日はその身が知れない」 宣王「われ何をもってその不才を知りてこれを捨てんや」 孟子「やむをえないかのようにすべきです。卑賤の人を貴人の上に抜擢し、他人を親戚よりも重用するなら、慎重にしないと。左右みな賢しというも未だ可ならず。諸太夫みな賢しというも未だ可ならず、国人みな賢しといい、しかる後に自ら賢しと見極めたうえで、これを用いるべきです」 さて、新首相安倍晋三の周辺を見渡すと、孟子の教訓とはおよそ正反対と言っていい。 名門出だけに財界人では、亡父、晋太郎の異母弟だった西村正雄(元日本興業銀行頭取)、晋三の嫂の父、牛尾治朗(ウシオ電機会長)という有力な親戚を持つが、西村はこの8月に急逝、牛尾 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。