竹中工務店の「業務協力費」1億円はどこへ消えた

2006年11月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 関西外国語大学(大阪府枚方市)の新校舎建設を受注した竹中工務店が、地元業者に支払った約1億5千万円とされる「業務協力費」が波紋を広げている。受取先の建設会社社長は「協力費のうち1億円を仲介者に渡した。市議にも一部渡っているはず」と主張しているが、仲介者側は「受け取った覚えがない」と否定、民事訴訟に発展したのだ。1億円はどこへ消えたのか。 問題になっているのは、01年に完成した関西外大中宮学舎の新築工事。大学側が建設機械メーカーの工場跡地を取得し、2000年に竹中工務店などが落札、着工した。総事業費約600億円のうち竹中の受注分は約90億円とされる。この入札の前に竹中は、大阪市内の建設業者との間で「工事を受注した場合は、斡旋手数料として工事請負代金の2%以内を支払う」とした「業務協力契約書」を交わしている。 これに従い、落札後の2000年5月から02年2月まで ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。