迷走する三洋電機「総領の甚六」経営の限界

2006年11月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 三洋電機は9月28日、洗濯機の生産を滋賀工場から東京製作所に移し、「家電部門を発展的に解消する」と発表した。聞こえはよいが、祖業である白物家電の国内自社生産からの撤退だ。05年11月に発表した経営再建策では、家電をコア事業からはずしていたため、市場では「今さら感」が強く、株価はほとんど反応しなかった。 井植敏雅社長と野中ともよ会長は、赤字が続く家電部門の立て直しを最大の使命としながら、行き当たりばったりの経営を続け、結局、第1四半期(4~6月)で、家電部門は計画値を達成できなかった。それで、株主から送り込まれた金融出身の社外重役が主張する「白物撤退」案をのまされた。 創業家の三代目である敏雅氏は昨年、社長に昇格。社内では「ぼん」と呼ばれ、人柄はいいが、経営手腕は怪しいとの評判。自信のなさからか、主要部門は父で前会長の敏氏の番頭格だった役員に任せ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。