アメリカ経済の「自転車操業」

2006年11月号 連載 [隗より始めよ]

  • はてなブックマークに追加

 アメリカ経済は、ITバブル崩壊後の減速から見事に立ち直った。住宅投資が経済成長のエンジンとなり、アメリカばかりでなくその後の世界経済を牽引してきた。アメリカの消費者が多額の借金を抱えながらも、旺盛な使いっぷりを示してくれたおかげである。 住宅投資の拡大は消費の増加につながる。家が新しく、かつ広くなると、食器やタオル等の生活用品を揃えたり、テレビ等を最新モデルにしたり、はては自動車まで買い替えたりする。それだけではなく、アメリカでは快適な住まいを求めて、家そのものや庭の手入れなどに相当のおカネと時間をかけている。 しかし忘れてならないのは、日本や中国をはじめとするアジア諸国が果たしている役割だ。アジアの黒字国がせっせと製品と資本の輸出を行い、自国で使って生活を豊かにすることなく、アメリカ経済を支えている。こんな割に合わない役割を各国が許す ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。