「サハリン2」妥協の落としどころ

慌てるな。ロシアの工事承認取り消しの引き金は、「総事業費倍増」を告げたシェル。選択肢は三つある。

2006年11月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

 日本人漁船員1人の命が奪われた北方領土海域でのロシア国境警備隊による漁船「第31吉進丸」の銃撃・拿捕事件を上回る巨大な衝撃が、日ロ間に走った。 2008年のLNG(液化天然ガス)輸出開始を目前に控え、第2段階(フェーズ)工事の8割が完成していたサハリン沖の石油・ガス開発プロジェクト「サハリン2」の工事承認を取り消すという、寝耳に水のロシア天然資源省の発表である。 サハリン2はサハリン北部東岸のビルトン・アストフスコエとルンスコエの2鉱区(推定原油埋蔵量11億バレル、天然ガス18兆立方フィート)開発計画で、第1段階は1999年から原油生産を開始、日本のほか中国・韓国・米国に輸出している。事業主体であるサハリン・エナジーには、国際石油資本(オイルメジャー)のロイヤル・ダッチ・シェル(55%)を筆頭に、日本の2大商社、三井物産(25%)と三菱商事(20%)が出資している ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。