中日新聞「大甘」処分の背景

2006年11月号 連載 [メディアの急所]

  • はてなブックマークに追加

 名古屋地裁は9月8日、道路交通法違反の罪(無免許飲酒運転)で、中日新聞社員の田島真一被告に、懲役10カ月(執行猶予3年)の判決を下した。田島氏は生活部の記者だった今年3月3日、それ以前に事故を起こして免許取り消し中だったにもかかわらず、名古屋市内の飲食店でワイン4本を飲んで運転、検問に引っかかった。 判決では「常習性がある」「悪質」と厳しい言葉が並んだ。NHKと朝日新聞は実名で報じたが、中日は匿名報道。しかも、9月初めに起訴され、事件が明るみに出るまで、この件を一切報道しなかった。「赤切符」だったことと、事故ではないというのが主な理由だが、社内処分は「身内に甘い」と見られても仕方ない「停職3カ月」と記者職からの異動といった程度だった。 このため、社内からも批判が出て、疑惑のまなざしを向けられた。なぜなら、この田島氏は中日の元編集局長で役員待遇論説 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。