日本原子力産業協会会長 今井 敬氏

世界で原発見直し日本も13基新設急げ

2006年11月号 BUSINESS [インタビュー]

  • はてなブックマークに追加

 ――このところ、米欧諸国に原子力発電所を新設する動きが続いています。 今井 そうです。世界的に「原子力ルネッサンス」と言われるほど、「脱・原発」から「原発回帰」への動きが出ている。背景に、原油や天然ガスの価格高騰があります。世界的に油田開発のペースが落ちる一方、中国が経済の拡大とともに輸入を急速に増やし、30年後にエネルギーの輸入依存度は80%になると言われている。インドなども加えた需要の拡大はすごい規模で、原油価格は1バレル=60ドル前後で高止まりするでしょう。天然ガスも、石油より産地が多く、中国の自給率も高いが、価格は石油に引きずられる。というわけで、米国はブッシュ大統領が約30年ぶりの原発新設を表明した。米国では、天然ガスは産地からパイプラインで直送するので、非常に安かった。原子力は割高でしたが、最近の原油と天然ガスの価格高止まりで逆転し ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。