もう元の木阿弥 「郵政民営化」

小泉、竹中去って改革熱雲散。パワーダウンの生田総裁を特定郵便局長会が押し切る始末……。

2006年11月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

 「今年1月以来、郵便局改革マスタープランについて、全国特定郵便局長会(全特)と話し合ってきた。最終的にもう少し詰めた格好で日本郵政株式会社(民営化後の持ち株会社)の西川(善文)社長にバトンタッチしたかったが……」 日本郵政公社の生田正治総裁は9月下旬の定例会見で、来年10月の郵政民営化に向けての焦点だった、特定郵便局長の特権を剥奪する改革案をあっさり投げ出した。「特定局長の公募制」「原則転勤ありへの転換」「60歳への定年引き下げ」「集配局舎の買い上げ」などを柱とするマスタープランは、「世襲」「転勤無し」「65歳定年の特例」「局舎の私有」という長年、特定局長が安住してきた既得権を破壊する改革の目玉。実際、全国2万4700の郵便局の8割近くを占める特定局の「親方日の丸」体質を壊さなければ、民営化などとても覚束ない――。メディアも「タブーに切り込む」生田の「 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。