御手洗経団連のスローガン「希望の国」に一本化の理由

2006年11月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 日本経団連は、御手洗冨士夫会長(キヤノン会長)が5月末の就任時にぶち上げたスローガン「イノベート日本」を公式の場で使用せず、今後は「希望の国」に一本化することを決めた。成長戦略の中核として最近、政府・経済産業省が鳴り物入りでまとめた「新成長戦略」のキーワード「イノベーション」と符合しているだけでなく、ブッシュ政権が競争力強化戦略として04年末に公表した構想「イノベート・アメリカ」とも酷似しているためだ。「パクリではないか」と一部で揶揄され、引っ込めたようである。ただ、「希望の国」ではインパクトに欠けるため、来年初めにもまとまる御手洗ビジョンを待って、新たなキャッチフレーズを打ち出したい考えだ。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。