財界主力が10億円拠出「小泉シンクタンク」開設へ

2006年11月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 小泉前首相の今後の活動をバックアップしようと、財界がその拠点となる事務所や活動費用をサポートする。経済評論家の田中直毅氏が東京・日本橋に設立するシンクタンク「国際公共政策研究センター」を資金援助し、小泉前首相をその名誉顧問に迎え、自由に事務所を利用してもらうとともに、活動を支援しようというものだ。 トヨタ自動車、新日本製鉄、東京電力、キヤノンの日本経団連会長経験企業4社が中核となり、副会長経験企業など主要30~40社が協力する。設立当初に約10億円を拠出するほか毎年の運営費も提供する。政治家の活動を支えるシンクタンクとしては、中曽根元首相をサポートするために財界がつくった世界平和研究所がある。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。