千葉県内の清掃施設談合に地元代議士が関与か

2006年11月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 千葉県内で行われた談合が捜査線上に浮かんでいる。舞台となったのは、同県下の自治体が発注した清掃工場建設案件。総事業費が100億円を超える巨大ビジネスだ。 01年の指名競争入札では大手重電メーカーや鉄鋼メーカー、プラントメーカーなど約10社が名乗りを上げた。当然のごとく受注調整が行われ、ゴミ焼却プラントメーカーのH社が落札した。これだけなら並の談合だが、この受注決定プロセスに「地元代議士が深く関与した」と関係者は打ち明ける。 H社は、千葉県政財界に強い人物を通じて、この代議士を紹介されたという。清掃工場の処理方式は複数あり、自治体がどの方式を採用するかで入札参加業者が決まるが、H社は自社が推進する方式が採用されるよう代議士らに働きかけ、希望がかなったという。 処理方式の決定については代議士から直に連絡があり、H社幹部はすぐさま事務所を訪問し、代議 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。