刀剣保存協会の「お家騒動」に頭を抱える文化庁

2006年11月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

「公益財団法人改革を目前に控え、各財団がイメージアップに躍起ななか、あれほどの独自路線は見事というか、度胸がいいというか……」。こんな微妙な評価を受けているのは「日本美術刀剣保存協会」(東京・代々木)だ。刀剣マニア以外には有名な財団とは言い難いが、歴代会長が税制問題のドンだった故・山中貞則代議士、故・橋本龍太郎元首相と聞けば、政界から一目置かれる存在だと分かるだろう。 同協会では、マニアから持ち込まれる刀剣の等級審査を手がけている。「等級次第で刀剣の値段は数百万円にも、1千万円以上にもなる。ある意味、巨大な権限です」(刀剣愛好家)。その協会が以前、幹部の親族の刀剣を審査していたことがばれて、監督官庁の文化庁から「不透明だ」とお灸を据えられたことがあり、01年に「今後は役員、その親族、審査員の刀剣審査は行いません」との誓約書を提出した。 とこ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。