ミタルに怯えて「八方美人」 迷走する新日鉄

2006年10月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 粗鋼生産量世界3位の新日本製鉄の国際戦略が迷走している。同首位のミタル・スチール(オランダ)による同2位アルセロール(ルクセンブルク)買収に必要以上に身構えて、新日鉄はアルセロールとの米国での自動車用鋼板生産の合弁強化で「ミタル宥和」に努めるかと思えば、アジアでは同4位のポスコ(韓国)との資本・業務提携強化でミタルのアジア「侵略」を防ぐ構えだ。 一方で手を結び、他方で襲来に備えて守りを固める。よく言えば「全方位外交」だが、実態は迷走に近い。国内では敵なしの「仕切り屋」ではあるが、海外の強豪には首をすくめているようにも映る。あたふたと矛盾した手を打つ姿に「ミタル側も『新日鉄が友達なのか敵なのか、よく分からない』と困惑している」(鉄鋼貿易筋)との見方もある。ポスコ関係者も「新日鉄はミタルにつくのか、こっちにつくのか」と不信感をあらわにする。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。