「皇室典範」両陣営が峻烈綱引き

「男子誕生」でも政府は女系容認。安倍新政権の追い風で伝統重視派も負けてはいない……。

2006年10月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

 秋篠宮妃紀子さまは6日午前、男子を出産された。皇太子殿下、秋篠宮殿下に次ぐ皇位継承権第3位の皇嗣のご誕生である。「皇太子の次の世代の皇位継承資格者がいない」という「皇統の危機」がひとまず解消されたことから、「危機」を打開するため、「男系男子」に限っている皇位継承制度を改め、女性・女系天皇を容認する皇室典範改正案の国会提出は当面、見送られた。 次期自民党総裁の安倍晋三官房長官は「(典範改正は)冷静に慎重にしっかりと落ち着いた議論を進めなければならない」と慎重姿勢を強調した。政界には「改正を急ぐべきではない」との意見が広がり、皇室典範改正は封印されたと伝えられるが、論議が沈静化することはない。 私的諮問機関の「皇室典範に関する有識者会議」(吉川弘之座長)を発足させ、改正論に火をつけた張本人の小泉首相は、男子皇孫誕生という新展開に、「改正を急 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。