玉石混交の薬学部 「6年制移行」の波紋

2006年10月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 従来4年制だった大学薬学部の修業年限が6年制主体に移行し、今年4月に入学した学生がその1期生になった。ところが、入学志願者が約9万人と前年度を4万人も下回り、大学側は来春入学の受験生集めに躍起になっている。その一方で、開設申請中の薬科大学、薬学部が目白押し。薬学部をめぐる環境激変で、先が見えない状況だ。 現在、薬学部(含む薬科大)は67に及ぶが、このうち03年以降に設置されたのが21校と3分の1を占める。国の新設抑制方針が撤廃されたのと、医薬分業などによる薬剤師の需要増が原因だ。だが、6年間の薬剤師養成コースが今春から適用されて様相が一変した。 全国17の国公立の初年度授業料は一律53万5800円。これに比べ、私学の大半は二百数十万円が相場。6年間で平均千数百万円の学費を要する。ちなみに今春の薬剤師国家試験合格率は74%で、合格者約8200人。新設学部が卒業生を送 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。