「諭吉」を火あぶり嘘つき岐阜県庁の「病状」

2006年10月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 「処理に困って500万円を焼いたり捨てたりしました」。7月に発覚した岐阜県庁の裏金隠しに関する内部調査で、複数の職員がこんな証言をして世間を驚愕させた。「庁内のコンロで1万円札を1枚ずつ焼いた」(県関係者)という。実は、この証言も一部嘘だったことが後に判明。岐阜駅南のソープランド街「金津園」や、県内最大の繁華街「柳ケ瀬」で「諭吉」は消えたとの説がもっぱらだ。食糧費や官官接待が社会問題化した際、裏金の処理に困った揚げ句の「措置」だった。 調査では、カラ出張や偽造領収書で裏金を捻出し、約17億円もの金額をプールしていた。ここまでなら多くの役所でやっている手法だが、岐阜県のやり口が悪質なのは、副知事の指示で裏金のうち約2億7千万円を監査が及びにくい職員組合の口座に移していたこと。隠し口座以外にも、各課が現金で計約十数億円を手元に残していた。幹部の遊興 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。