イスラエルがヒズボラに「判定負け」

2006年10月号 連載 [「軍略」探照灯 第6回]

  • はてなブックマークに追加

 7月12日から8月14日まで34日間続いたレバノンのシーア派民兵組織ヒズボラとイスラエル軍の戦闘は、停戦後双方が勝利を主張した。だが本質的にゲリラ側は大敗さえしなければ勝ち、侵攻した正規軍は制圧に成功しないと負けだ。イスラエル有力紙「ハアレツ」の世論調査(8月11日付)で「勝っている」が20%、「負けている」が30%、「どちらも勝っていない」が44%、というのは妥当な判定で、イスラエル軍は自国の審判に判定負けを宣告された形となった。 今回のレバノンの戦争は双方とも決戦を意図したわけではなく、誤算の応酬で意外な規模の紛争となった。先に手を出したのはヒズボラだ。7月12日に越境攻撃し、哨戒陣地のイスラエル兵8人を戦死させ、2人を捕虜とした。 ヒズボラは1982年のイスラエルのレバノン侵攻、占領に対し、イランの援助で生まれた抵抗組織で、83年10月、ベイルートの米海兵隊 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。