日中「頭越し」接近を恐れる韓国

孤立に危機感。安倍新首相に期待と警戒こもごもで、11月首脳会談をめざすが。

2006年10月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

 新政権発足を目前にした安倍晋三氏に対する韓国政府の視角には、「警戒感」と「期待感」が交錯している。前者は青瓦台(大統領官邸)に、後者は外交通商部に色濃い。両者に共通しているのは、北朝鮮のミサイル連射によって、「韓国外交の孤立」ぶりが浮き彫りになったことへの危機感だ。 盧武鉉政権は任期を1年以上も残し、レームダック化した。地下核実験の強行か、金正日総書記の訪中か。北朝鮮の出方も予測不能だ。来年12月の次期大統領選に出馬する有力候補者の動向を含め、韓国の対日外交は混迷する可能性が強い。

外交通商部と青瓦台で二分

 盧政権の対日外交には二つのチャネルがある。青瓦台と外交通商部だ。昨春以来の対日強硬姿勢をリードしてきたのは、盧大統領自身を含む青瓦台側である。外交通商部は知日派も少なくないが、対日方針の決定で「蚊帳の外」に置かれるという異様な事態が続いてきた。 安倍氏の政 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。