六本木ペニンシュラ――町井久之の戦後史

<上>朽ちた要塞と理想郷の残骸

2006年10月号 BUSINESS [集中連載]

  • はてなブックマークに追加

 若者や外国人でにぎわう東京.六本木。夜ともなると、待ち合わせの男女でごった返す六本木交差点から西北へ、数十メートルほど奥まった一角がある。堀江貴文ら渋谷ビットバレー族が一堂に会したこともあるディスコ「ベルファーレ」を見下ろすように、要塞のようなビル群が聳えたつ。約1200坪の広大な土地だが、1階部分でパブや小さな宝石店が営業している程度で、古びたコンクリート壁は表通りとは趣を異にした、重苦しい雰囲気を漂わせている。 不動産登記簿をめくると、かつて韓国政府の国営だった韓国外換銀行の540億円を筆頭に、整理回収機構や大光銀行などが設定した巨額の抵当権の跡が残る。抵当権は転売され、権利関係は複雑怪奇を極める。 今年3月下旬、この一等地の競売が実施された。練馬区内に本社を置く業者が252億円で落札し、入金期限の7月末になって入金があった。名もない業者が自力 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。