王子製紙が踏んだ三菱金曜会の虎の尾

三菱商事が北越に加勢したのはグループの意地。王子にやられた三菱製紙の仇討ちだった……。

2006年10月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

 8月29日、「日本初の敵対的TOB(株式公開買い付け)」と喧伝された王子製紙の北越製紙に対するM&A(企業の合併・買収)は、王子惨敗を際立たせて幕を引いた。狙われた北越が三菱商事を引受先とする第三者割当増資の実施を7月21日に発表すると、王子はその2日後にTOB計画を公表。三菱商事が引き受けた一株607円を上回る800円のTOB価格を提示したまでは颯爽としていたが、北越と三菱商事の拒否にあい、北越株主の大半からも総スカンを食らった。その後、TOB価格の引き上げといった打開策を講ずることもなく、9月4日の最終期限を待たずに敗北宣言を発した。「(王子の財務アドバイザーに就いた)野村(証券)にしてやられた」と、王子のドンである鈴木正一郎会長は親しい関係者にぼやいている。

「中越パルプ」との破談の真相

 王子にとって北越を手に入れる方策は他にもあった。7月3日、王子の鈴木会長と篠田和久社長が北越の三輪 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。