フタタ・コナカ「ドラ息子連合」の敗着

親の心、子知らず。AOKIへの身売りを策したのは、子息の手腕に見切りをつけた老創業者だった……。

2006年10月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

 経済合理性からは「あり得ない」弱者連合の顛末が、心ある経済人を呆然とさせた紳士服チェーン業界の買収合戦。業界2位のAOKIホールディングスと4位のコナカが7位のフタタを奪い合い、フタタは提案内容が明らかに劣るコナカを身売り先に選んだ。その内実は二代目社長同士がつるむ「ドラ息子連合」の愚の骨頂だ。ステークホルダーにとって、これほどの「敗着」はない。 企業の存続や雇用の維持、待遇の改善という経営の基本から考えれば、フタタ社長の二田孝文氏(50)は一株700円というコナカより高値でTOB(株式公開買い付け)を提案してきたAOKIに身売りするのが理の当然だった。AOKIは、フタタという企業の存続を保証し、従業員の雇用維持も約束していた。待遇面でも、大卒初任給が20万円台とフタタ、コナカよりも2万円も高く、「AOKIと組めば、店長クラスなら10万円くらい違ったかもしれない」( ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。