「本命」副会頭が固辞山口東商会頭に続投説

2006年10月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 東京商工会議所の次期会頭に本命視されていた副会頭の三菱商事・佐々木幹夫会長が、財界活動の主力を日本経団連評議会副議長に移し、次期会頭就任は固辞する意向を固めた模様だ。東商会頭に就けば、自動的に日商会頭に回ることになるが、就任してもメリットはさほど大きくないと判断したと見られる。 これによって、佐々木氏は来年大幅入れ替えとなる経団連副会長職を松下電器産業の中村邦夫会長、三井物産の槍田松瑩社長らと目指すことになる。この結果、土壇場で大本命を失った東商会頭職は山口信夫会頭が来年以降も続投することになりそうだ。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。