大阪府の面子丸つぶれも 肝いり中古車会場が大不振

2006年10月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 中古車販売店はオークション会場での競りで商品を仕入れる。全国に150以上の会場があり、昨年1年間だけで新車販売の約1・4倍の800万台がオークション会場に流れた。 大阪府がそのオークション会場を軸に中古車輸出基地を作ろうとしている。大阪府港湾局は、大型ふ頭・汐見沖地区に430億円という巨費を投じ、09年度までに延べ面積約200ヘクタールを埋め立て造成し、中古車輸出基地とする計画。すでに一部では事業が始まった。全国で初めての地方自治体が運営企業を公募したオークション会場であり、7月から中古車事業会社のGNNが営業を開始した。会場設備建設だけで約15億円を投じ、同地区の目玉事業となるはずだったが、2カ月近く経過しても当初の思惑どおりに事業は進んでいない。 計画では、1開催につき2千台の中古車を集めることにしていた。初回(7月3日)こそ2453台を記録したが、2回目以降は1 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。