不祥事噴出に揺れるメディセオ・パルタック

2006年10月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 医薬品卸売業の最大手「メディセオ・パルタックホールディングス」(本社、東京・神戸、熊倉貞武社長)が不祥事で揺れている。きっかけは8月24日にメディセオ・パルタックの子会社「クラヤ三星堂」の元社員・浅野勇文容疑者(33)が体外診断薬の販売代金を水増し請求、代金を騙し取った容疑で、大阪府警に逮捕されたことだった。 浅野容疑者は、02年3月から06年4月にかけて検査薬8品目の納品書などを偽造し、販売代金を大阪府立母子保健総合医療センター(和泉市)に水増し請求。クラヤ三星堂の預金口座へ代金を振り込ませた後で、クラヤ三星堂と取引のあった雑貨店「エイリエス商事」(吹田市)を経営する新部博幸容疑者(56)に、その水増し分を請求させ約1260万円を詐取したという。クラヤ三星堂は6月に浅野容疑者を懲戒解雇し、7月にエイリエス商事を詐欺罪で告訴した。府警は余罪を追及しており ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。