「福井」防御態勢を強化 「国会対策シフト」敷く日銀

2006年10月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 日銀は村上ファンド出資問題で傷ついた福井俊彦総裁の任期(08年3月まで)を全うさせるため、防御態勢を強化した。政界・マスコミ工作の要となる政策委員会室審議役(国会・広報総括)の神津多可思氏(80年入行)を在任1年で金融機構局審議役(国際関係)に異動させ、後任に、国会対策のベテランとして知られる飯野裕二甲府支店長(81年入行)を起用した。 福井バッシングは沈静化したが、日銀は「安倍晋三新内閣発足後、村上ファンド問題が蒸し返される可能性がある」(幹部)と警戒感を隠さない。安倍氏は官房長官として量的緩和、ゼロ金利両政策の解除に最後まで慎重な対応を日銀に求めていた。このため、新内閣スタート後に株価急落や景気の踊り場入りが起これば、安倍氏は福井総裁に責任を押しつけてくるだろう。 日銀はシンパの与謝野馨金融・経済財政担当相が引き続き新内閣で要職を務めると ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。