イオングループ――岡田父子の超「膨張経営」

ダイエーを手中に収めれば年商6兆円超。驚異のM&A戦略をリードしているのは、とうに引退したはずのカリスマ創業者、岡田卓也氏だ。

2006年10月号 BUSINESS [企業スキャン]

  • はてなブックマークに追加

 流通業界は今、大きな分水嶺に立っている。産業再生機構からダイエー再建を託された丸紅が、イオンか、米ウォルマートにダイエーを転売しようとしているからだ。行き先はイオンが最有力。ヤオハンジャパン(現マックスバリュ東海)、マイカルに続いてダイエーを呑み込めば連結売上高6兆円を超える巨大流通連合が誕生する。そればかりかイオンは三菱商事傘下のコンビニ業界第2位のローソンにも食指を動かしている。 かくも激烈なM&A戦略をリードしているのは、現経営陣ではない。1946年に前身の岡田屋呉服店の社長に就任して以来、55年間もCEOを続けてきたカリスマ創業者の岡田卓也名誉会長相談役(81)が原動力だ。表向きは2000年の節目に社名をジャスコからイオンに改め、長男の岡田元也社長(55)に後事を託し、現役を退いたことになっている。引き際で卓也相談役がぶち上げたのがイオン「2010年 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。