自治体狼狽「地方債」に格差

大阪府や大阪市の地方債は「顔悪」と呼ばれ、引き受け金融機関から毛嫌いされている。

2006年10月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

 埼玉県債が1.883%、大阪府債が2.015%――。 わずか0.132%の差ではあった。だが、総務省が地方自治体の庇護者として振る舞い、長年堅持してきた横並びでの公募地方債発行が9月6日、ついに終焉を迎えた。

大阪府が苦肉の「7年債」

 東京都や横浜市はすでに独自路線を歩み、有利な条件で資金を調達しているし、流通市場では以前から格差がついていた。財政状態の劣悪な北海道や大阪府、大阪市の地方債は「顔(かお)悪(わる)」などと呼ばれ、国債や他の地方債より安い価格(高い利回り)で取引されていた。 発行条件と市場実勢が異なると、「顔悪」の地方債を引き受けた銀行や証券会社は、「引き受けたら損をする」(大手証券の関係者)。かつてのように販売手数料がたっぷりもらえるわけでもなく、「地方債ビジネスはもうからない」というのが市場関係者の常識になっていた。 では、証券会社や銀行が自治体ごとの条件決 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。