携帯の心臓部を知る「指南役」

2006年10月号 連載 [CHALLENGER]

  • はてなブックマークに追加

 8月22日、通信業界に衝撃が走った。携帯電話のボーダフォン(10月1日からソフトバンクモバイルに社名変更)が、米半導体大手のクアルコム上級副社長だった松本徹三氏(66)をスカウト、9月1日付で執行役副社長兼CSO(最高戦略責任者)に迎えると発表したからだ。「NTTドコモやKDDIがこの人事を大変な脅威と捉えているのは事実。クアルコムは携帯の心臓部を握っていますからね。携帯各社の戦略が筒抜けでは、と総務省内でも一部で問題視されている」(業界関係者)。クアルコムには国内事業者の役員から抗議書簡が届いたという。 松本氏はこれを「誹謗」と一蹴する。「クアルコムジャパン会長は1年以上前に辞めているし、守秘契約も交わしています。そんなことはこの世界の常識ではないですか」 クアルコムは第3世代携帯で主流のCDMA(符号分割多元接続)技術を最初に開発した企業で、KDDIが採用する ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。