あの太蔵クンに「国替え」説

2006年10月号 連載 [人事 HUMAN FACTOR]

  • はてなブックマークに追加

 小泉チルドレンの一人、自民党の杉村太蔵衆院議員=比例南関東ブロック選出=が次期総選挙では北海道1区(札幌市中央・南・西区)から出馬する可能性が出てきた。 杉村氏は昨年9月の郵政民営化否決を受けた衆院解散・総選挙で初当選。「料亭に行ってみたい」など、自由奔放な発言で物議を醸し注目を集めた。だが、最近では目立った言動がみられない。今年4月の衆院千葉7区補選への出馬も取り沙汰されたが、立ち消えとなった。 すると今度は、北海道1区からの出馬説が持ち上がった。同区は、民主党出身の横路孝弘衆院副議長の地盤だ。しかし、自民党側は「知名度の高い杉村氏なら、勝算は十分ある」と判断している。しかも、横路氏は小沢一郎民主党代表との連携を強めており、自民党には「仮に杉村氏が『金星』を取れば、民主党に大打撃を与えられる」との計算もある。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。