編集後記

2006年9月号 連載 [編集後記]

  • はてなブックマークに追加

 渋谷で夜景を眺めていた。隣の席にいた若い記者が「あっ」と小さな声をあげた。ワンセグ携帯の画面を見ている。液晶のなかで躍る小さな人影。リング上でボクサーが両手をあげていた。「亀田(興毅)、勝ったらしいですよ」。ちらっと横目で流し見たから、瞬間視聴率52.9%に貢献したかもしれない。 ▼TBSに殺到した5万件の抗議電話、翌日の不遜なサングラス会見……騒ぎはご承知のとおりである。ボクシングの玄人ではないし、試合も全ラウンドを見たわけではないが、誰もが不快を感じたのは前宣伝と実像のギャップだろう。イキがっているだけで、真のボクサーが持つしなやかさとストイシズムがない。「見方いろいろ」なんて開き直りは、小泉首相の「人生いろいろ」の口真似で、その小ざかしさには閉口させられた。 ▼同じ協栄ジムにいた具志堅用高氏が近所に住んでいる。ときどき犬を連れて散歩している ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。