水谷建設「汚れ役」の半落ち

身代わりに裏金をばらまいた「前さばき屋」。原発絡みの国策捜査で浮かぶ標的の政治家は……。

2006年9月号 DEEP [ザ・クライム]

  • はてなブックマークに追加

 東京・永田町で知らぬ者がないと言われた三重県桑名の中堅サブコン、水谷建設の元会長、水谷功(61)を取り調べる東京地検特捜部の検事は、いたわりの言葉をかけた。「水谷さん、あんた、今まで大変だったでしょ。みんな、あんたに汚れ仕事をさせて、汚いことは全部あんたに押しつけてきたもんな」 自白させるための「おためごかし」とばかりは言えない。一身に日本の「業」を背負ってきた彼の姿には、悲哀さえ漂うからだ。 7月12日、韓国・金浦空港から羽田空港に降りたところを逮捕された水谷功は、東京・小菅の取調室では従順そのもののようだ。検事が優しい言葉をかけると、声を詰まらせ、ただうなずく場面もあったという。 人が集まるところに政治は生まれ、政治のあるところ、権力と利権が生まれる。利権はカネを生み、カネのあるところに権力が生まれる。こうした癒着の連鎖が明るみに出る ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。