「強毒型インフルエンザ」蔓延の恐怖

国連が「最大1億5千万の死者」を想定。現状は時限爆弾の上に座っているようなもの。

2006年9月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

 強毒型(高病原性)のH5N1型鳥インフルエンザの人への感染が世界的に広がっている。03年の2カ国(感染4名、死亡4名)、04年の2カ国(感染46、死亡32)、05年の5カ国(感染95、死亡41)、06年は8月9日現在で9カ国(感染91、死亡61)と増え続けている。インドネシア、ベトナム、中国、タイ、エジプト、イラク、トルコからアフリカ諸国へ拡大。8月9日現在、世界保健機関(WHO)が確認した感染者は236名、このうち138名が死亡、致死率は実に58%。 特徴的なことは、体内に異物が侵入すると、これを撃退するために働く活性物質サイトカインが、ウイルスに過剰反応して自らの身体を攻撃して重症化させ、多臓器不全をもたらすサイトカインストームが見られること。高齢者や乳幼児の罹患が多いインフルエンザとは異なり、若い年代層の犠牲者が際立っている。

やっと「指定感染症」に指定

 鳥インフルエンザは本来、鳥の間だけで蔓延す ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。