西本願寺の活路は団塊世代と首都圏民

2006年9月号 連載 [RELIGIOUS WORLD]

  • はてなブックマークに追加

 浄土真宗本願寺派(西本願寺)の教団紙「本願寺新報」は、8月1日号で「50歳からの真宗教室」と題する特集を組んだ。仏の教えを平易に解説する内容で、ターゲットは団塊の世代。家庭でも仕事でも一つの節目を迎え、死が近づいてくることを少しずつ実感する年齢だが、宗教とは縁遠い日々を送ってきた人が多い世代でもある。こうした人々に真宗の深さに接してもらうことを目的としたもの。このほかにも、最近さまざまな取り組みが行われている。 昨今流行の団塊ビジネスともいえるが、背景には都市化の波の中で旧来の「家」が解体したことがある。土地や家とのつながりが深い既成の仏教教団は、このままでは衰退の一途をたどらざるをえない。それは親鸞を宗祖とする日本有数の教団、西本願寺も例外ではなく、あの手この手で活路を探す必要がある。その一つが団塊の取り込みなのである。 そしてもう一つ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。