世界宗教者京都大会にイランのハタミら2千人

2006年9月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 8月26~29日の4日間、京都国際会館に世界百カ国から約2千人の宗教家が一堂に会する第8回世界宗教者平和会議(WCRP)世界大会が開かれる。WCRPは、立正佼成会の開祖・庭野日敬氏(故人)がカトリックの第二バチカン公会議に招待され、教皇パウロ6世に謁見したときの感動から、世界のすべての宗教を網羅し、全宗教者が平和のテーブルに着く世界会議の開催を願って、創設された。 世界大会はほぼ5年に一度開催され、今回は1970年の第1回京都大会から36年ぶりに日本での開催となった。海外からはイランのハタミ前大統領、ノルウェーのボンデヴィック前首相、ハンス・キュング地球倫理財団総裁らが来日。日本国内からは、大谷光真・浄土真宗本願寺派門主や矢田部正巳・神社本庁総長、渡辺恵進・天台座主らが参加する。今回のテーマは「平和のために集う諸宗教。あらゆる暴力を乗り越え、共にすべての命を ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。