麻原裁判いよいよ大詰め死刑か控訴審再開か

2006年9月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 地下鉄サリン事件などで殺人罪などに問われているオウム真理教(現アーレフ)元教祖・麻原彰晃被告(51)=本名松本智津夫の裁判で、最高裁は弁護団が申し立てた特別抗告に対する結論を9月下旬にも出すとみられている。死刑確定か控訴審再開か。10年がかりの裁判は大きなヤマ場を迎える。 麻原被告に対し、東京地裁は04年2月、死刑判決を言い渡した。一審の国選弁護団は直ちに控訴。新たに選任された弁護団は、奇異な行動を続ける麻原被告には訴訟能力がないとして、裁判の停止と麻原被告への治療を求め、一審判決に反論する控訴趣意書を期限までに提出しなかった。 東京高裁は精神科医に麻原被告を診断させ、訴訟能力はあると判断。今年3月、一度も控訴審公判を開かないまま、控訴趣意書不提出を理由に控訴を棄却。弁護団は異議を申し立てたが、東京高裁の控訴棄却した裁判官とは別の裁判官3人に異 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。