安倍は組閣でドジを踏む

漏れ伝わるサプライズ人事はどれも拍子抜け。発足から内閣支持率で挫折を味わいそう。

2006年9月号 POLITICS [キャビネット]

  • はてなブックマークに追加

 激しい梅雨が過ぎるのを待ちきれずに、安倍晋三官房長官は日本列島を遊説行脚しだした。岩手、東京、京都、滋賀、大阪、埼玉と回り、締めくくりは8月12日、地元・山口県下関市で開いた後援会の3千人集会。自民党総裁選は福田康夫元官房長官の不出馬で、安倍氏の優勢が磐石となり、地元集会は事実上「次期首相のお披露目」となった。 麻生太郎外相、谷垣禎一財務相はもちろん、もはや誰が対抗馬になろうと形勢は揺るがない。総裁選は政権を争うプロセスではなく、すでに「安倍政権」の政府・与党人事をにらんだ「売り込み競争」の場と化している。第2派閥・津島派の総裁候補に名乗りをあげようと額賀福志郎・防衛庁長官がそわそわしたのさえ、党幹事長狙いの存在感アピールと見られているのだから、他は推して知るべしだ。 安倍氏は全国遊説で再三「そろそろ我々戦後世代が責任を担うべきだ」と強調 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。