太田府知事の3選阻止へ西川きよし擁立の動き

2006年9月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 2年後の2月に予定される大阪府知事選挙に、タレントで参院議員を3期18年勤めた西川きよし氏を担ぎ出す動きが一部にある。本人は04年に参院議員を引退して以来政界と距離を置き、政治活動を再開するつもりはないようだ。にもかかわらず「西川氏待望論」が囁かれるのは、府議会や府庁内に太田房江知事への不満がくすぶっており、3選を阻む声が上がっているからだ。 太田知事は2000年、通産官僚を辞して府知事選に出馬、日本初の女性知事となった。とにかく野心家で、以前から周囲に国会議員、大臣への願望を漏らしており、庁内では「知事は国政への踏み台か、人気取りの仕事しかやりたがらない」と評判がよくない。その太田知事が力を入れるのは、企業誘致。元通産官僚としての経験を生かしたトップセールスで経営者を口説き、工場と雇用を誘致すれば目立つし、実績をアピールできる。そのために昨春、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。