寝耳に水の英国利上げインフレの影は濃く

2006年9月号 GLOBAL [グローバル・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 英国の中央銀行イングランド銀行が8月3日、政策金利(レポレート)を0.25%切り上げ4.75%としたことは市場を驚かせた。同日の欧州中央銀行(ECB)の利上げと歩調をあわせたとはいえ、昨年8月から1年間据え置きを続けてきたからだ。 イングランド銀行は日銀と違い2.0%のインフレ目標を設けている。消費者物価が3月に2.2%、6月に2.5%と跳ね上がっては座視できなかったのだろう。ほかにもインフレの兆候は見えていた。英国の個人借入額が、5月に1兆1990億ポンドと過去最高となり、そのうち不動産担保型融資は初めて1兆ポンドを突破した。英国の住宅市場は一時の勢いには欠けるものの、依然上昇基調を続けており、6月の住宅平均価格は年率5%の16万5千ポンドと、この10年間で3倍以上も値上がりしている。 しかし、過大な住宅ローンと「過剰消費」の支払いに追われて債務超過に陥る人も急増、1~3月 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。