メル・ギブソンが暴言ユダヤ人差別の波紋

2006年9月号 GLOBAL [グローバル・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 『マッドマックス』や『リーサル・ウェポン』の映画スター、メル・ギブソンが7月28日未明、カリフォルニアの高速道路で飲酒運転中に捕まった。警官の調書の全文がタイム・ワーナーの芸能サイト「TMZドットコム」に流れ、コピーまで公開されたことから騒ぎが大きくなった。ユダヤ人差別の罵詈雑言が記録されていたからだ。 TMZによると、テキーラを飲んでへべれけのメルは、レクサスを運転して帰宅しようとしていた。警官に停車を命じられると、「My life is f****d」とか「You mother f****r」「I’m going to f***k you」と最初から放送禁止用語を乱発。虫の居所が悪かったのか、「F*****g Jews」と八つ当たりを始め、「世界の戦争は全部ユダヤ人の責任だ。お前はユダヤ人か」と問い詰める。女性警官にも「何を見てやがる。Sugar tits」とのたまった。直訳すれば「砂糖の乳首」、おしゃぶりとか半人 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。