デトロイト化する中国・広州

自動車生産のバブルが続く。将来は、トヨタ、日産、ホンダの「生命線」となるかもしれない。

2006年9月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

 連日、最高気温が35℉前後になる夏の広州市(中国広東省)で、トヨタ自動車の世界戦略車、新型カムリを見かけるようになった。中国名・凱美瑞。今年5月に始動したばかりの広州・南沙の合弁工場で生産されているモデルで、販売店の担当者が「予約を受けても引き渡しは年末年始になります」という人気ぶりだ。 排気量2リットルと2.4リットルで、価格は19万1800~26万9800元(約280万~380万円)。広州の平均年収の5倍以上するので安くはないが、人気はブランドの魅力の証明でもある。 トヨタ本社の稲葉良睍副社長は7月24日、広州国際モーターショーで「1カ月の短い期間に約2万4千台の予約をいただいた」と機嫌よさそうに紹介した。店頭では、前金として2万元(約28万円)を要求されるが、「いくらでも出すから、早く車を引き渡してくれないか」という客も少なくない。 トヨタは中国での現地生産で、ホ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。