台湾総統候補「馬英九」の反日度

白面の貴公子の「国共合作」が疑われているが、実は李登輝との「李馬合作」のささやきも。

2006年9月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

「日本の台湾植民地統治は侵略である」。白面の貴公子が平然と放った一言に会場は一瞬凍りつき、すぐに怒声にも似た反論が続いた。 7月11日、東京・白金台の台北経済文化代表処(実質的な大使館)で開かれた大手メディア論説委員との懇談を“火の海”に一変させた主は、台湾の最大野党、中国国民党の馬英九主席(56)だった。 馬は昨年8月、主席に選出され、2008年予定の総統選挙では、悲願である政権奪回に向けた総統候補ナンバーワンとして大きな期待を集めている。 台湾大手ケーブルテレビ、TVBSが4月に行った世論調査で、長身で甘いマスクの馬に対する満足度は70%に達し、与党総統候補ナンバーワンとの呼び声の高い民主進歩党主席、蘇貞昌の44%、側近や夫人、娘婿と周辺が収賄まみれになった現職総統、陳水扁の13%を大きくリードし、馬は次期台湾総統に最も近い男といわれる。 さて、懇談では ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。