シャープ「亀山第2工場」の躓き

死亡事故多発に加え、地元で「反シャープ運動」が台頭。わが世の春もこれまでか……。

2006年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

 6月14日、三重県亀山市のシャープ亀山第2工場で死亡事故が起きた。液晶パネルからテレビ本体までを一貫生産するこの工場は当時、稼働開始に向けた建設作業の最終段階を迎えていたが、液晶パネルをサイズ別に振り分ける機械を調整していた際、突然、同機がレールの上を走り出し、作業者の下半身を挟んだ。約4時間後、作業者は帰らぬ人となった。 昨年7月に始まった同工場建設での死亡者は3人にのぼる。同年11月には大型換気扇の設置工事中に作業員が転落死亡。今年2月には荷物用エレベーターの調整中に別の作業員が頭を挟まれ落命した。死亡事故の続発は、工事を請け負った会社の管理責任であるとシャープ本社はどこ吹く風だが、それだけだろうか。地元の評判はガタ落ちだ。液晶テレビ生産では世界最先端と自画自賛する拠点に、「『殺人工場』の陰口がつきまとう有り様だ」(亀山市関係者)。 一時は ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。