日本航空――ハゲタカが舞う「窮状」

無謀な公募増資発表の当日、突如6%弱の株主に浮上したモルガン・スタンレー。背後に誰が隠れているのか……。

2006年9月号 BUSINESS [企業スキャン]

  • はてなブックマークに追加

 折れた翼――「ナショナル・フラッグ」日本航空は、自らの死に気づかないゾンビに見える。度重なる運航トラブル、それを嫌った顧客離れと燃油高騰による業績の悪化、そんな危機的状況を無視して派閥抗争を繰り返す経営陣、そして株主から猛反発された公募増資の失敗……。会社更生法または民事再生法の申請すらささやかれているのだ。 8月はじめ、ショッキングな情報が流れた。「りそな銀行が日本航空を要注意先から破綻懸念先にし、引当金を積み増した」「(社債を引き受けている)保守的財務の大手生命保険も破綻懸念先に落とした」。まさか、とは思うが、関係筋によれば、金融庁の指示だともいう。 一時国有化された後も最終処理が終わっていないりそな銀行に「×印」をつけられるとは笑いごとではない。あるメガバンク幹部も「有利子負債1兆9296億円の借金地獄に陥った日航は、かつてのダイエーとウ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。