「地上波デジタル」日本規格夢ではない海外制覇

ブラジルに初めて食い込んだ。移動体受信では、欧米方式を蹴散らす圧倒的な高品質。

2006年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

 6月29日(現地時間)、日本から地球を半周して竹中平蔵総務相ら政府・民間の放送関係者一行が、ブラジルの首都ブラジリアに飛んできた。迎えるルイス・イナシオ・ルーラ大統領が挨拶に立つ。「サッカーのワールドカップではブラジルが日本に勝ったが、デジタル放送ではウィンウィンになれます」 日本が生んだ地上デジタル放送規格(ISDB-T方式)が、南米の大国ブラジルのデジタル放送規格として正式採用され、この日はその調印式だったのだ。終始なごやかなムードだったが、日本方式の規格が海外で採用されたのはこれが初めて。ここまで来るには、舞台裏で米欧との激しい争奪戦を勝ち抜かなければならなかった。 日本がブラジルにクサビを打ち込んだ意味は大きい。同国はデジタル放送開始を2008年初頭に予定しており、約10年かけて完全デジタル化をめざす。放送機器市場の新規需要は2~3兆円に達す ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。