NHKに「トヨタ流」の期待

2006年9月号 連載 [CHALLENGER]

  • はてなブックマークに追加

「改革・改善に秀でたトヨタから大変に資質も整っている方に来ていただくことになった。経営全般の改革、業務改善にさまざまな助言を頂き、気風の刷新につなげたい」 相次ぐ職員の不正事件や受信料不払いの拡大に揺れるNHKの橋本元一会長から「改革の象徴」と期待されるのは、9月1日付で理事に就任する金田新トヨタ自動車専務(58)。民間企業出身のNHK理事起用は実に36年ぶり。トヨタの渉外・広報で豊富な経歴を重ねてきた金田氏は、NHKの視聴者サービス担当の副総局長として「視聴者とNHKの意識のギャップを埋める」(橋本会長)役割を担うほか、会長特命事項も担当するという。 30代前半に米ハーバード大に留学し経営学修士号(MBA)を取得。海外への出向や海外渉外広報も経験し、夫人はアメリカ人という「国際派」でもある金田氏。今回のNHKへの派遣を決めた奥田碩トヨタ自動車取締役相談役は「日 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。