住友商事会長(日本経団連副会長) 宮原 賢次氏

「ドーハ」中断残念だがFTAなど急ぐべし

2006年9月号 BUSINESS [インタビュー]

  • はてなブックマークに追加

 ――世界貿易機関(WTO)を舞台に続いていた貿易や投資の自由化を目指すドーハラウンドの交渉が、凍結に追い込まれました。 宮原 非常に残念です。実は、最大の懸案だった農業への補助金問題で、「7月15日からロシアで開かれるサンクトペテルブルク・サミット(主要国首脳会議)の後に、アメリカが大幅な削減に踏み切る可能性が高い」との観測が強まり、いよいよまとまるな、と思っていました。農業分野で合意できれば、EPA(ヒト・モノ・カネなど幅広く市場を開放し合う経済連携協定)やFTA(モノの関税引き下げを中心とした自由貿易協定)の交渉に向けても、日本が大きく変わるチャンスだと期待していたのです。でも、アメリカが秋の中間選挙を控えて、国内の政治的な圧力により土壇場で逃げてしまった。 ――この後、日本はどうすべきですか。これまで、各国や地域とのEPAやFTAの交渉で出遅れ気味で ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。